教育費などの諸費用を工面するために不動産担保ローンを使いました

不動産担保ローンで大学進学費用を工面

不動産担保ローンで大学進学費用を工面インターネットを使ってローン申し込みボーナスを考慮しないで返済額を決めた理由

子どもの大学進学に伴い、教育費が必要になった時に不動産担保ローンを利用したことがあります。
自宅の不動産価値に応じて融資額が決まるなどから利用しても良いのではないかと思いました。
当初は教育ローンを検討していたのですが、このローンは教育に関することであれば利用は出来ても、その他のことでは使えないデメリットがあります。
金利面においては教育ローンの方が安いのですが、家のリフォームにもお金を使いたかったため、不動産担保ローンでまとめてお金を借りることにしたのがきっかけです。
仮に、教育ローンで子供の大学進学費用を工面した場合、家のリフォームは別途リフォームローンを申し込みしなければなりません。
現在の住まいの住宅ローンは完済済みですので、両者を利用する方法はあっても、個別に申し込みをするとなると面倒ですし、最初に教育ローンを申し込みして融資を受ければ、その時点で借金を持つことになり、リフォームローンの審査落ちなどの不安もありました。
ローン審査に落ちると個人信用情報に記録が行われるなどのリスクも不安材料の一つですし、将来家の買い替えの時など、個人信用情報に傷が付いているとローン審査落ちのリスクもあるなど、いちかばちかの賭けをする気にならなかったのです。

不動産担保ローン不動産担保ローンのスピード融資